エアータリフ

航空会社のタリフをご覧いただけます。

[取り扱い航空会社]
ベトナム航空・中国東方航空・中国南方航空・中国国際航空・上海航空・深圳航空・バンコクエアウェイズ

タリフ一覧

お取扱地域

[その他手配地域]
台湾・香港・マカオ・シンガポール・マレーシア・ブルネイ・インドネシア・インド・スリランカ・ウズベキスタン

APEXトップ  >  カンボジアの概要

カンボジアの概要

カンボジアの地図

カンボジア王国は東南アジアのインドシナ半島の中央部に位置し、国土面積は約18万k㎡、隣国であるベトナムの約半分、同じくタイの約三分の一、そして日本の約半分の国土である。東部にベトナム、西部にタイ、北部にはラオスと陸続きで国境を有しており、南部はシャム湾となっている。国土は大半が平野であり、中央を南北にメコン川が流れ、北西部の中心に東南アジアで一番大きい湖トンレサップ(面積:乾季は2,600k㎡、雨季は13,000k㎡)を擁する。また、南西部のシャム湾、タイ国境周辺及び北東部のベトナム国境周辺に低い丘陵地帯が広がっており、フライパン型の地形だといわれる。

カンボジアの基本情報

カンボジアの国旗
カンボジアの写真
■国名
カンボジア王国 (King of Cambodia)
■首都
プノンペン(プノンは山、ペンは町を立ち上げた女性ペン夫人を讃えてこう名付けた)
■時差
日本との時差は-2時間(日本が正午の時、カンボジアは午前10時。)
■面積
18万平方キロメートル
■政体
ノドロム・シハモニ王国 2004年10月29日即位
■人口
約1,407万人(2007年)で、首都プノンペンで約200万人、シェムリアップ約10万人となる
人口増加率は2.6%、年齢別人口比率では、15歳以下が43.9%、男女別人口では女性が52.2%と多い
■民族
クメール人が約90%、ベトナム人5%、華人1%、その他チャム族、クメール・ルー(山岳民族)等20以上
■言語
公用語はクメール語(23の母音、33の子音、24の従属母音、12の非独立母音がある)となり、他に山岳民族独自の言語がある
■宗教
国境は仏教となり、仏教徒(小乗仏教)が95%、イスラム教徒が焼く2%、カトリック教徒約2%、その他約1%となる
■教育
日本と同じ、6、3、3年生だが、小中学校でも留年することがある
医科大学は7年制、美術大学は6年制、その他の大学は4年生
■通貨
単位はリエル(Riel)、100リエル約3円(2009年9月現在)
その他米ドルの流通率が高く、都市部では米ドルでの支払い可能(1US$約4000リエル)

カンボジアの気候と降水量

カンボジアの年間降水量の図

気候は熱帯モンスーン気候であり、季節は大きく5月~10月の雨季と、11月~4月の乾季と分かれており、4月に入ると少し雨が降り始めるが、一日中降り続くことは少なく、通常夕方から約2~3時間激しいスコールがある。平均降水量は1,200mm~1,400mmと年度により異なるが、雨が最も激しい時期は雨季明けの9月~10となり、月平均降雨量が約250~260mmにものぼる。また、乾季の間はほとんど雨が降らず、1月では月平均降雨量が約10mmである。

年間通しての平均気温は約28度となり、12月~1月が最も寒く、月間平均気温が最も低い1月は約15度と早朝及び夜間は少し肌寒い。最も高い3~4月は、平均29~30度になり、日中の気温が40度に達することがある。年間平均湿度は76.8%となり、最も湿度の高い9月には、月間平均湿度が84%となるが、シェムリアップ及びプノンペンなど、有名な観光地である地域による差異は少ない。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
気温 28 29 30 30 30 30 28 29 28 28 28 27
降水 0.7 3.5 28 61.2 175.9 221.3 236.6 151 276.1 248 81.7 10.1
カンボジアのニュースを読む
APEXトップ  >  カンボジアの概要