APEXトップ » [アジア] ニュース » [タイ] ニュース » [バンコク初の温泉ホテル「グランデ・センターポイント・スクムビット55」のご紹介]

タイ

バンコク初の温泉ホテル「グランデ・センターポイント・スクムビット55」のご紹介

【タイ】2017年01月16日 16:52 APEX配信

2016年11月オープン、バンコク初の温泉ホテル「グランデ・センターポイント・スクムビット55」をご紹介します。ホテルの特徴は、全室バスタブ+独立シャワー+シャワートイレ付き、日本のNHK+民放テレビ視聴可能、またバンコク初の純日本式の温泉が楽しめるという点です。温泉施設の利用は有料(650バーツ)となりますが、高温泉、シルク風呂、マッサージ風呂、炭酸泉、岩盤浴、クールルーム、リラックスルームがあるなど充実しており、旅の疲れを癒すには大変おススメの施設です。他、屋外プール、フィットネス、サウナ、ジャグジーの施設もあります。ホテルの場所は、セレブ感漂うトンロー地区にあり、BTSトンロー駅からは、徒歩約15分です。トンロー駅までは、無料シャトルバスサービスもあります。この地区は、日本人駐在員が多く、日本人向きの飲食店や、マッサージ店、高級スパ、お洒落なカフェ、クラブ等が軒を連ねています。またコンビニエンスストアも近くにあるので、便利です。

★Grande Centre Point Sukhumvit 55:http://www.grandecentrepointsukhumvit55.com/ja/

<客室>
 ・シグネチャーデラックスルーム 322室(40平米)
 ・レディーデラックスルーム   52室(40平米)
 ・エグゼクティブスイート    40室(70平米)