APEXトップ » [アジア] ニュース » [ラオス] ニュース » [パクセー郊外ボラベン高原/「山本農園」のご紹介]

ラオス

パクセー郊外ボラベン高原/「山本農園」のご紹介

【ラオス】2017年06月28日 17:13 APEX配信

ラオス南部の都市・パクセー市内より45km、標高約1,200mのにボラベン高原に位置する、日本人経営の「山本農園」をご紹介します。設立は2012年、36haの農園内では、コーヒー、いちご、日本の品種の野菜等が栽培されています。11月から3月はいちごの収穫時期となり、あわせていちご穫りも可能です。いちごはラオス国内に出荷され、味も甘く評判は上々です。農業視察や観光のお立ち寄りにも最適。涼しい青空の下で、日本の野菜やいちご(11月~3月)等で美味しいおもてなしが受けられます。

★YAMAMOTO FARM
住所:Bangliang Village,Paksong District, Champasak Province,LaoP.D.R