APEXトップ » [アジア] ニュース » [ラオス] ニュース » [ビエンチャン郊外/ひまわり畑で象乗り散歩(11月~3月)]

ラオス

ビエンチャン郊外/ひまわり畑で象乗り散歩(11月~3月)

【ラオス】2018年05月25日 15:30 APEX配信

ビエンチャンから東へ50数キロ、車で約1時間45分。日本人が作るラム酒で有名なラオディ工場の先にあるオーガニック農園「プータウェン(Phutawen)」をご紹介します。基本はオーガニック農園なのですが、巨大なメロンや蜂の家族など、謎のオブジェがところどころにあり、ブッダパークとはまた違ったB級感が漂います。週末ともなると、ラオス人の家族で賑わうこのオーガニック農園では、象乗り体験ができるのが売りの一つです。ひまわりの咲く時期(11月頃~3月頃)は、黄色に染まるひまわり畑の中、象乗り散歩ができます。写真を撮るなら、ひまわりの時期がおススメですが、ひまわりの時期を過ぎると可憐なマリーゴールド(4月頃~10月頃)が咲きますので、お花は一年中楽しめます。