APEXトップ » [アジア] ニュース » [ミャンマー] ニュース » [アマラプラに新名所「翡翠パゴダ」]

ミャンマー

アマラプラに新名所「翡翠パゴダ」

【ミャンマー】2016/01/27 14:47 APEX配信

アマラプラに新名所「翡翠パゴダ」

マンダレー郊外に翡翠でできたパゴダが登場し、連日、ミャンマー人観光客でにぎわっています。正式名称は「ウェヨーサナ・パゴダ」ですが、地元の人びとは「翡翠パゴダ」や「宝石パゴダ」と呼んでいます。マンダレー国際空港とマンダレー市街地の間にあり、ウーベイン橋で知られるアマラプラからも程近い立地です。約23mの仏塔だけでなく、周囲の塀や階段の柱なども翡翠でできており、もちろん内部に安置した仏像も翡翠製。パゴダは田畑の真ん中の何もないところに建っていますが、周囲は現在、ショッピングセンターやホテルなどの建設も進んでおり、翡翠パゴダ拝観のついでにマンダレーの発展を実感することもできます。

★Wai Yaw Sa Na Paya
住所:Myin Hmu Village, Amanapura Tsp., Mandalay

APEXトップ » [アジア] ニュース » [ミャンマー] ニュース » [アマラプラに新名所「翡翠パゴダ」]