APEXトップ » [アジア] ニュース » [中国] ニュース » [四川省/「中華大熊猫苑」オープン]

中国

四川省/「中華大熊猫苑」オープン

【中国】2016/05/12 17:59 APEX配信

四川省/「中華大熊猫苑」オープン

2008年の四川大地震で、甚大な被害を受けた「臥龍パンダ基地」は、元の場所から約20km離れた耿達鎮に、香港政府による援助などで震災から8年となる2016年5月11日に「中華大熊猫苑」として念願のオープンを果たしました。現在、全32頭のパンダが保護されており、そのうちの7頭が昨年2015年に生まれた1歳未満の子供パンダです。四川大地震の震源地であった映秀から臥龍へ続く省道303線・映臥公路(全長45km)の復旧工事もほぼ完了しており、2016年10月に正式開通を予定しています。この省道303線を利用すれば、成都から「中華大熊猫苑」まで、車で片道約2時間で行くことができますので、是非愛らしいパンダと触れ合いに四川省へお越し下さい。

APEXトップ » [アジア] ニュース » [中国] ニュース » [四川省/「中華大熊猫苑」オープン]